犬と狼の間

え?遊んで食べて寝てちゃだめ?

月記 2022/08

8月のまとめ。
食べた、観た、行った、買ったのごちゃまぜ記録。

サンダル


私は歩き方が悪いのか身長のわりに足のサイズが小さいのが悪いのか大体ひと夏で一足サンダルをぶっ壊すんですけど、案の定新潟でサンダルをぶっ壊したのでお迎えしました。
ナイキのエアマックスココ。可愛いし歩きやすくて満足なんだけど若干合わせるのが難しいので来年は黒を買うかなあ。

メロンパフェ


職場でメロンをもらったのでパフェにして食べた。
メロンって美味しい~(人間初心者の感想)
こういうときのアイスは贅沢にハーゲンダッツを使うタイプです。

Brand New Musical Concert 浜松遠征


夏休みにコンサートにかこつけて浜松へ。
詳しくはこちら。


ミュージカル『ミス・サイゴン』観劇


帝劇で三回観劇しました。
キャストはこちら





感想はこちら


田代万里生FCイベント2022


万里生さんのFCイベント!
万里生さんのイベントはオタクも歌わせられるらしいと噂に聞いていたのでドキドキしていたのですが、コロナ対応ということで、オタクはハミングさせられました。
みんな最近ハミングしてる?私は多分小学校ぶりくらいだったよ。*1最後はお見送りに出てきてくださり、万里生さんのサービス精神を全身で浴びた時間でした。

なにわ男子1st アルバム購入特典生配信


アルバムを二形態買うと観られる生配信イベントがありました。
ジャニーズはこの程度で「複数枚買わせる商法ガー」と非難されているようなのですが、なんか強豪校が敬遠するとヤジられるみたいなやつかな…と思っている。
ちなみに内容はこれはこれでチケ代を払わせろ!と思うくらい盛りだくさんでした。

法事


法事の帰りにモスのシェイクを飲むのが恒例になりつつある。

*1:結構厳しくて休符とかタイミングを細かく指示されたのもめちゃめちゃウケた。

ミュージカル『ミス・サイゴン』感想

サイゴンを観劇してきました。
内訳は帝劇3回川越1回(中止1回)。以下感想。


あらすじ

1970年代のベトナム戦争末期、戦災孤児だが清らかな心を持つ少女キムは陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)でフランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーで、アメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、アメリカ兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
クリスはアメリカに帰国した後、エレンと結婚するが、キムを想い悪夢にうなされる日々が続いていた。一方、エンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムはクリスとの間に生まれた息子タムを育てながら、いつの日かクリスが迎えに来てくれることを信じ、懸命に生きていた。
そんな中、戦友ジョンからタムの存在を知らされたクリスは、エレンと共にバンコクに向かう。クリスが迎えに来てくれた−−−心弾ませホテルに向かったキムだったが、そこでエレンと出会ってしまう。クリスに妻が存在することを知ったキムと、キムの突然の来訪に困惑するエレン、二人の心は千々に乱れる。したたかに“アメリカン・ドリーム”を追い求めるエンジニアに運命の糸を操られ、彼らの想いは複雑に交錯する。そしてキムは、愛するタムのために、ある決意を固めるのだった−−−。(上記公式サイトより引用)



予めストーリーと曲は頭に入れた状態で臨んだのでストーリー展開の重さや有名な演出については知っていたのだけど、それでもとにかくパワーに圧倒された。
特にヘリコプターが出てきてキムとクリスが引き裂かれるシーンは唸るようなヘリコプターの音と焦燥を煽る音楽に身体の底からゾクゾクとした。今まで観た舞台の中で一番物理的なパワーと精神的なパワーの相乗効果を感じたシーンだったかもしれない。
(ちなみに埼玉公演では投影でヘリを表現していたので本物の迫力には敵わないな…と思った。実物大のヘリを出せるのって帝劇だけなんですかね?)
決して楽しい話ではないし後味の良いものでもなく、ストーリーやキャラが好み!というわけでもないけれど、公演をやる度に観に行ってしまうと言う人の気持ちが分かりました。

キャラクターについて

「クリスがダメ男」というのはまあわかるんだけど、ダメというより弱い男なんだなと思う。不誠実であるというよりも、支えてもらわないと帰国してからの人生を生きていけなかったのだろう。だって一緒にアメリカに行こうと頑張ったけど無理だったし、キムは死んじゃったかもと思ってたし、キムに子供が出来ていたからってエレンを捨てたらエレンにひどすぎるし、だからといって一緒に暮していくのはおかしいしね。何かしてあげたい(してあげないといけない)から支援しよう、という考えになることを完全に断罪できる日本人ってどれくらいいるのかなーと思ってしまう。実際そうなったらそうなるんじゃないの、みんな。『恵まれた立場』からの視点と言われればそれはそうだけど。

キムはタムをアメリカにやることさえ出来ればどうにかなると思っていたようだけど、当時のアメリカでタムのような子がどんな扱いを受けるかと考えると思わず苦い顔になってしまう。クリスは中間~富裕層だろうから暮らしとしては酷いものにならないと思うけれど、精神的な差別は必ずあるだろうし・・・・とはいえキムとしてはまず『暮らし』なのか。
タムにとってはエレンが懐の深い女性なことだけが救いで、良かったなあと思う。私は観劇中エレンの友達の自我で観ていたので(?)エレンに感情移入していました。私がエレンの友達だったらクリスにめちゃくちゃキレると思う。夫に隠し子がいて元カノが訪ねてきても気丈に対応できるエレンの懐の深さよ。まあ、そんなエレンだから傷ついたクリスの支えとなりゴールインしたのでしょうが・・・・。

何よりとにかくキムが『アメリカに行けば何とかなる』と信じ込んでいるのが見ていて辛かったのだが、何度か観ていて、そもそもトゥイを殺してしまった時点でもうキムの心は壊れていたのかもしれないな、と思った。激動の時代とはいえ少女が人(それもよく見知った人)を殺すってそれくらいのことだよね。キムの絶望の本質的な部分はクリスに妻がいたことじゃなくて、幼馴染を殺してまで守ったタムの未来が保証されないかもしれないということなんじゃないかな~~~。トゥイの亡霊の悪夢のシーンも、トゥイへの罪悪感から救ってくれる存在としてクリスを見ているように感じた。

キャストについて

今回キムのキャストを全員観ることができました(クリスは海宝さんで固定)
個人的な感想としては「表現力の昆キム」「芝居力の高畑キム」「丁寧な屋比久キム」という感じがした。
屋比久ちゃんはとにかく歌詞がノンストレスで聴きとりやすくて素晴らしかった。初見で観るなら屋比久キムをオススメします。
充希ちゃんはキーが高いこともあるのか歌詞が聴き取り辛いところもままあったけども、やっぱり芝居がすごい。他の二人に比べて可愛らしい夢見がちなキムという雰囲気を感じたのだけど、一転してエレンに詰め寄るシーンの迫力がすごかった。
昆ちゃんの凄さは言わずもがな、とにかく歌唱の迫力がすごい。「命をあげよう」にトゥイを殺し自殺するまでの壮絶な母としての覚悟の説得力があった。



***
曲と登場人物の心情が完全にマッチしていて曲を使って観客を当時のベトナムの空気感に引きずり込みヒリヒリさせるのが、これぞミュージカル!と思った。
初見時、帝劇の最前*1でヘリコプターの風を浴びたあの感覚は一生忘れられない観劇体験になったなと思います。

*1:突然自慢しますが初サイゴンを帝劇最前センターで観られたのです・・・嬉

2022/08 浜松遠征記

夏休みに万里生さん出演のコンサートを目的に浜松へ行ってきました。
今回は何も予定がなく暇をしていた姉がついてきたので一人ではなく二人旅。ちなみに、今回のミッションは

  1. うなぎを食べる
  2. 浜松餃子を食べる
  3. さわやかのハンバーグを食べる

でした。食に対する情熱が熱い。

8/11(一日目)

東海道新幹線 東京→浜松


新幹線で浜松へ。コンサートは夜からだけどそれまでに観光もしたいので11時くらいに着くように行きました。


着いたよ~。家康くんがいてテンションが上がる。
いつもと通り着いたらまずホテルに荷物を預けておきます。

うなぎ 藤田 浜松駅前店


ミッション①です。駅近くのお店だけど直ぐに入れてラッキー。


美味しかった〜。
千葉県民なのでうなぎは成田でたまに食べるのだけど、こちらの方がさっぱりとしている気がしたな。
店内の冷房が弱いのかうなぎを食べて温かいお茶を飲んだら汗だくになるので注意です。

浜松城公園

遠鉄バス浜松城公園まで移動。


着いた~~~~


家康公〜〜〜


浜松城~~~・・・・・・・

工事中でした。まあ、そんなときもあるよね。
あれですかね、松潤の大河に向けて今のうちに修繕してるのかな。


見て回った結果当時のものが残っているのは石垣だけだ、と理解。

Brand New Musical Concert 浜松


バスで駅まで戻り、メインイベントのコンサート。
横須賀とも少しメンバーが違うのでセトリが変わって楽しかった。
本当にあーやは歌が上手いうえに面白い。

浜松餃子 むつぎく


ミッション②。コンサート終わりに夕食を調達。コロナも酷い時期だったのでテイクアウトしてホテルで食べることにしました。
かなり並んだし途中雨が降ってきて結構大変でした。連れ同士にぎやかに並んでいる方が多いので一人だと辛いかもしれない。
1.5時間くらいは並んだのでコンサートを終えて直行したけれどラストオーダーギリギリの注文に、、間に合ってよかった。


ラストオーダーを終え、消灯された店先を撮る……。


写真では全く伝わらないのだけど並んだ甲斐があってとても美味しかった~!
具がほとんど野菜なので罪悪感なくパクパクと食べられる。物足りないかなと思いコンビニでサラダ等も調達していたのが功を奏して丁度いい具合でした。

ホテル

今回のホテルは「北の庭 THE KURETAKESO~くれたけホテルチェーン~」スタンダードシングル素泊まり5,841円。早めに安くホテルを取っていたので私が高くなるのが嫌で一人ずつ泊まった。自我。

駅から近いし、まだ新しくて水回りもすべてキレイで満足!
また浜松に遠征することがあればここに泊まりたいです。


8/12(二日目)

さわやか


翌日。起きて早々ミッション③です。
さわやかは絶対に食べたい。しかし絶対に並ぶ。しかも帰りの新幹線は遅らせたくない(なぜかというと東京に戻りそのまま帝劇でサイゴンを観る予定だったから)(なんでそうしたというようなスケジュール)ということで遠鉄百貨店を開店待ちした。オタク、目的のためには朝早いことも待つことも厭わない。


無事一巡目の整番をGET


め、めちゃくちゃ美味しい〜〜〜!!!
久しぶりに太字を使うくらい美味しかった。並んだ甲斐があったその2。

ツイステ展



微妙に時間が余ったので何故か浜松まできて当日券でツイステ展を観た。

私はカリム推し。姉はアズール推しです。

東海道新幹線 浜松→東京

前述した事情により早々と帰京!
姉に荷物を預けて(最悪)帝劇に向かったのでした。完

***

浜松は食もホテルも当たりで楽しかった〜。
次回の遠征記事は大阪です。

月記 2022/07

7月のまとめ。
食べた、観た、行った、買ったのごちゃまぜ記録。


〈海宝さん〉コンセプトアルバム「雨がやまない世界なら」


海宝さんが参加しているコンセプトアルバムが発売に。ミュージカル俳優が総勢21名参加して「雨がやまない世界」をテーマにしたそれぞれの曲を歌う短編集のような『聴くミュージカル作品』です。
実はまだ海宝さんの曲しか聴けていない・・・のですがとっても良かった!
「♪朝食はパン?ご飯? 食後にコーヒーorティー?」というフレーズが耳に残りすぎてつい口走ってしまうのですが大抵「何その曲!?」と言われる。

〈SZ〉Sexy Zoneライブ新潟遠征


セクシーゾーンさんのコンサートを観に新潟へ。
詳しくはこちらに

〈海宝さん〉島田歌穂コンサートMusical Musical Musical!!


島田歌穂さんのコンサートに海宝さんが出演されたので観てきた。
ただのコンサートではなくコンセプトとして「ミュージカルを学ぶ」というのがあるようで、情報量が多くすごく満足度の高いコンサートでした。本当に、歌が上手い人は歌が上手い!

本棚新調


ずっと二重になっていて前方をスライドできる本棚を使っていたのだけど、重くなって壊れるので一新。それに伴い書籍をかなり処分して厳選したものだけを残しました。
好きなものしかない空間になってサイコー


BDレコーダー新調

突然なにわ男子とAぇ! groupにハマり、
そうだ!BDレコーダーを新調しよう!と思ったので替えました。
出先からアプリで録画予約ができるの便利すぎる。2022年買ってよかったもの大賞です。

〈ND〉なにわ男子1stアルバム


潔いほどにアイドルソングで埋め尽くされたアルバム。
今、なにわ男子は意図的に中高生をメインターゲットにしていると思うんですが、めっちゃ賢いな~と思います。
ことジャニーズにおいては「学生の時に好きだったな~/流行ってたな~」がその後10年20年のマーケットに響いてくると思うんですよね。だってウチら、別にオタクしてなかったとしても嵐のこと好きじゃん?
社会人向けのことは彼らが30代になった後でもずっと出来るので、今しかできない『学生にとって憧れのちょっと年上のお兄ちゃん』を攻めていってほしいと思います。

〈万里生さん〉Brand New Musical Concert 横須賀


アッキーさん主催のコンサートを万里生さん目当てに観てきた。
キャストが大体いつメンといった顔ぶれでMCが大盛り上がりで楽しかったです。
よこすかと名についているのに最寄りが横須賀駅じゃないんかい、とトラップだったけれどもほぼ駅直結でありがたかったです…。猛暑だったので……。

2022/07 新潟遠征記②

新潟遠征記事の続きです。
1日目の続きからになります。

前回はこちら

1日目(続き)

砂丘


西大畑坂上で下車し砂丘館を見学。

砂丘館は別称「旧日本銀行新潟支店長役宅」。
日本銀行新潟支店長の役宅として60年以上実際に使われていたお屋敷です。平成17年より市が所有して企画や展示を催しているそう。

私が行ったときはこちらの展示でした



最近まで実際に居住されてたってなんとなくわかる〜

旧齋藤邸


バスを待つよりも早かったので旧斎藤邸まで徒歩で移動。6~7分かかったかな。
こちらは新潟の豪商、齋藤喜十郎の別荘として大正時代に建設されたもの。庭園が国の名勝に指定されています。


至るところに説明のパネルがあって興味深い。






お気づきでしょうか?庭が有名だぞって言ってるのに全然庭園の写真を撮っていないことを…。ちょっとこの辺から猛暑が尋常じゃなくて頭がボーっとしており、早く涼しいところへ行きたいしか考えられなくなってきたんですよね。今度は気候が良い時期に行きたい(遠征にかこつけているので自分じゃ選べないのだが)注意点としては素足NGなのでサンダルのときは靴下を持っていきましょう。

ピアbandaiでお土産購入

というわけでもうホテルに帰りましょうとその前にまずはバスでピアbandaiに移動しお土産を購入。

新潟県産のものを3,000円以上購入すると宅配便の送料が無料(!)となるキャンペーンが実施されていたのでお米や枝豆を購入して送りました。荷物も増えなくて嬉しい。
購入したのは枝豆(初だるま)、米1.5Kg、へぎそば、サラダホープ

へぎそば 小嶋屋


暑さで朦朧としながら戻ってきた新潟駅、もう一歩も動きたくない…けど一応名物を食べたい…ということでエキナカのお店へ。

立地の良さを考えればまあ、という点はありますが、値段の割に味が・・・なのでオススメはしません。

ヤスダヨーグルト


ホテルに着くまでに少し寄り道。
翌朝用の飲むヨーグルトを購入。これは美味しかったー!

そしてホテルにチェックイン。古いけれど汚さはなく寝るだけなら充分でした。やっぱりビジホに一番大事なのは立地だなあ…。
夜はMusic Dayを観ながらまったりと過ごしました。


2日目

翌朝。素泊まりなので駅構内のモスバーガーをテイクアウトして朝食に。
そしてシャトルバスに丁度いいようにホテルをチェックアウト。荷物は預けておきます。

Sexy Zone ライブツアー ザ・アリーナ


メインイベントのコンサート~!楽しかった。 


ただ、帰りのバスがどこにどう来るのか謎だったのでもっと下調べすべきという反省。1時間弱くらい待った気がする。

ヤスダヨーグルト(二回目)


駅に戻ったら新幹線の時間までフリータイムなので前日満腹により食べられなかったソフトクリームを食べてまったり。美味しい~。

上越新幹線(新潟→東京)

前日に購入しているのにもっと欲しくなっちゃったサラダホープなどなどを駅で買い込み、帰京!

***

暑さで朦朧とした以外は非常に楽しいお一人様遠征でした。
もっと日本各地のいろんなとこ行きたいなあ。そのためには贅沢言わないので各Gひと公演ずつは当たりますように……

次の遠征記事は浜松の予定です。

2022年/夏ドラマ感想

毎クール結構な数ドラマを観ているもののTwitterでもあまり感想を言っていないのでまとめて感想を記しておこうと思う。以下注意事項。

  • 良いことも悪いことも言っています。当たり前ですがあくまで個人の感想ですので悪しからず。
  • ☆での評価はあった方が面白いかなと思ってつけたので、作品の出来というよりも「私の好みか」を重視しています。
  • 後々読んだときに分かりやすいように、基本はキャラクター名ではなく役者名(敬称略)で記しています。



前クールの感想はこちら

月曜日

競争の番人
★★☆☆☆
同枠で2期連続新川帆立原作モノにしたのは何故なのだろう。どうしたってテイストが似ているし、さらに言うと『元彼~』の方が作品の力があると思ってしまう(主役が立っているので実写化向きとも思う)ので比べると…ということになる。
バディの男性が完全記憶能力持ちという特性が同クール内で完全に被ってしまっていたのも痛かったな。
談合の描き方など、フェアで感心する箇所もあったからこそやや残念だった。

魔法のリノベ
★★★☆☆
安定して面白かった。お仕事モノの『仕事ができて男に媚びないけど恋愛しないわけじゃない美人』が似合いすぎる波留よ…。
しかし私は間宮より金子派でした。離婚歴有子持ちより年下わんこだよ~~!

赤いナースコール
★★☆☆☆
ホラーというよりもスプラッター
最終回の勝利くんと莉子ちゃんのシーンは切なくとも美しくて良かった。
工藤刑事を殺す必要あった?!泣というのをずっと引きずっているので工藤刑事推しです。

消しゴムをくれた女子を好きになった
★★★☆☆
青春映画のような雰囲気のある映像と演出で、中学生から社会人までの期間を一気に描いているのに駆け足の印象がないのが良かった。
というか、中学生から社会人を特にビジュアルを変化させることなく演じても違和感を感じさせない大橋くんと福地桃子さんがすごい(演技力云々の話ではなく、まず見た目が)

火曜日

ユニコーンに乗って
★★★☆☆
見続けていたら予想よりも良かった枠。杉野くんの役はいつも良いよなあ。
しかしこの手のドラマに食傷気味なので、ドラマ班はそろそろ「お仕事頑張るキラキラ女子」を描くのをやめてホタルノヒカリ綾瀬はるかみたいなヒロインを描いてくれないか。

運命警察
★☆☆☆☆
作品がどうとか以前に毎回最後に突然ドキュメンタリーが入るのが好きじゃなかった……
ドラマはドラマとして見ているので……

パパとムスメの七日間
★★★☆☆
飯沼愛ちゃんがめっちゃ可愛い。長尾くんもめっちゃ可愛い。ムスメと入れ替わってしまった眞島秀和さんも可愛い。結論、可愛いドラマでした。リメイクってどうしてもレジェンドと比べられてしまって大変だと思うけど健闘したと思います。

ロマンス暴風域
★★★☆☆
こういう役をやらせたら渡辺大知のリアルさに勝てる者はいないし工藤遥の魔性の女感も良かった。

水曜日

家庭教師のトラコ
★★★☆☆
「正しいお金の使い方」なんて難しい題材をよく家庭教師と絡めてまとめたなと毎回脚本の妙に驚かされた、が、最終回付近で急に橋本愛が急に「普通の良い子ちゃん」になってしまったのはガッカリしてしまった。脚本も終盤それまでの丁寧さと比べて投げやりにまとめたようで…。話数が足りないんだよな。
キャラクターとしては中村蒼がすごくよかった。しかし自分が引き取られたいからって好きな子の自転車のブレーキ細工すな。一歩間違えれば殺人だぞ?

テッパチ!
★☆☆☆☆
これは町田啓太の顔面と筋肉を見るドラマ
避難時に荷台から落ちて怪我しちゃったアスリートの子がずっと態度が悪いのにイライラしていた。町田啓太が職業意識から自責の念に駆られるのは分かるけど、言うこと聞かないで勝手に降りようとして落ちたんだからお前は人のせいにすんな!!

刑事7人
★★★☆☆
刑事7人は大好きなので毎回楽しみにしている。
今回は白洲くんと小瀧くんが一緒に人質になってしまう回が好きでした。

みなと商事コインランドリー
★★★☆☆
西垣匠くんめちゃくちゃ可愛いね!?
最終回のキスはBLものにしては攻めている長さでドキドキした。

木曜日

遺留捜査 第7シリーズ
★★☆☆☆
上川隆也甲本雅裕の「なるはやでお願い」のくだり大好きだけど私が甲本雅裕だったらキレている

六本木クラス
★★★☆☆
竹内涼真はやっぱり良い。いろいろな逆風もあり大変だったと思うけど個人的に今期の主演男優賞は竹内涼真でした。
しかし、葵エンドなのか…と思うと、やはり遠くの愛情が分かりづらい高嶺の花よりも近くでいっぱい愛してくれる子なのかと泣ける(そんな簡単な話ではないのだが)
優香にもイイ男を早急にお願いします。

純愛ディソナンス
★★★☆☆
展開が読めなくてなかなか面白く観られたけど、せっかくのオリジナルならもっと出来たんじゃないかな~と、展開に期待させられた分やや中途半端なのが気になった。
筧美和子の失踪のあたりの謎をもっと引っ張って全編に絡めた方が良かったんじゃないかな~~

オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~
★★☆☆☆
取調べから話が始まるので視聴者的には予め事件と犯人をお出しされた上で動機云々を探られても「あ、そうなんだ…」としかならず…。
終盤、飯豊まりえの事件の話に入ってからはグッと面白くなった。

復讐の未亡人
★★★☆☆
途中までノルマのように毎回入っていたお色気シーンは必要だったのだろうか……

金曜日

石子と羽男―そんなことで訴えます?―
★★★☆☆
この制作陣でこのキャストなら絶対に面白いし、実際に面白かったのだが、予想の範疇を超えない面白さだったなあ…という(贅沢なことを言っているが)
有村架純中村倫也もこういう役どころが抜群にハマる。この作品はシリーズ物にしたら長く愛されるバディになりそうですね。
センセーショナルな事件ではなく身近な題材を扱っていて興味深かったが毎回実際のニュースと併せて問題提起されるのはややくどかったかな。

NICE FLIGHT!
★★★☆☆
これは玉森くんのパイロット姿を拝むドラマ……なんだけど、特に何も重いところのないドストレートなお仕事恋愛モノが逆に新鮮で楽しみでした。

雪女と蟹を食う
★★★☆☆
夕陽を蟹に見立てて車が走っていくOPは笑うべきところなのか終ぞ最終回までわからなかったな……
中弛みしたものの序盤と終盤の展開は凄い熱量で圧倒されたので間をもっと省いて10話にまとめた方が見易かったと思う。

警視庁強行犯係 樋口顕Season2
★☆☆☆☆
うーん、捜査一課長の方が好きだったかも。

土曜日

初恋の悪魔
★★★★☆
私内夏クール最優秀作品賞です。坂本裕二作品、好きなんですよね。
何と言っても松岡茉優ちゃんが素晴らしかった。
自担に坂本裕二脚本に出てもらうのはオタクの夢…(Jが出るイメージないので難しいが……)

彼女、お借りします
★☆☆☆☆
「りゅちぇ、顔、可愛!」と五分に一回くらい言った。それにしても流星くんが目の前にいる女以外の女のことすぐ忘れるクズ男すぎてこれ演じているのが流星くんじゃなかったら許されないぞと思いながら観ていたら起用の理由もそんな感じみたいでウケた。

トモダチゲームR4
★★★☆☆
ジュニアドラマ~~!なんだけどTHE漫画的な世界観の実写が大好きなので毎週楽しんで観ていた。Sexy zoneの主題歌、これまた最高です。

日曜日

オールドルーキー
★★☆☆☆
特別良くもなければ、特別悪くもないという印象。

新・信長公記
★☆☆☆☆
秀吉ちゃんは最高~~~~~~にマブいし永瀬廉も良かったんだけど……。
子供向けの文脈で大人向けのことをしようとしているので単純に意味わからんことになっているというか、大人向けのことをしようとしているのに描き切れていなくて中途半端というか、同じ作品とは思えないほど回によってブレがあるというか、総じてそんな感じがした。
キャスト陣は仲良くなって楽しかったようで良かったです(自担にゲロ甘評価)


***
すでに秋ドラマが始まっていますが今期は豊作の予感がしてワクワクしています。

2022/07 新潟遠征記①

2022/7/2-7/3 SexyZoneのコンサートのために新潟遠征してきました。
今回は一日目に観光して二日目にライブという日程を組んだので遠征記を記していきたいと思います。なお、ライブの内容には触れませんのであしからず。

一日目

上越新幹線(東京→新潟)


なんと今回コツコツと(気がつかないうちに)貯めていたJREポイントで片道分の乗車券代になりました!一度定期券を紐づけておくと定期更新のタイミングや駅ビルでの買い物で知らないうちに貯まっているのでオススメ。
しかしこの日はauの大規模通信障害が発生していたことに新幹線の中で気が付きとても焦ることに。結局電波は立ってなくともなぜか通じていたので不便はしませんでしたが最悪iPadのみを駆使するしかないかな…とGoogleマップをインストールしたりと準備しました。

新潟着→ホテルへ

新潟に着いたら一旦荷物を預けにホテルに向かうことに。
今回のホテルはアートホテル新潟駅前〈素泊まり/7,480円〉。南口から直結なので便利。
地方のジャニーズのライブのときはホテルが全滅になることもザラだそうなのでまあまあの時に予約できたかな。

一日乗車券購入


一日目は終日フリーで新潟観光をする予定だったので観光循環バスの一日乗車券を購入しました~。500円で乗り放題なので確実にお得。ただし、全然時間通りに運行していないので時間に余裕が無い日はやめておいた方がいい。ちなみにひと駅ごとの距離は大したことないので気候が良ければ歩けると思う。この日は猛暑なのでやめておきましたが…

佐渡回転寿司 弁慶



バスを万代シティで降車して昼食へ。
人気店なので並ぶのを覚悟で行ったら一人だったからかそのまま通されました。

海鮮がね…本当に美味しくて…。
普通のマグロとかサーモンがこんなに美味しいのか!と驚きでした。また行きたい…。
・岩カキ 750円

・中トロ 400円/南蛮エビ 400円/サーモン 270円

・貝三巻 400円

・タイ 270円
・ばくだん巻 200円

・茶碗蒸し 270円
・海老味噌汁 140円

まあまあ食べたけど複数人でいって一貫ずつシェアすればもっといろんな種類いけたな〜と悔しかった(?)

古町麹製造所

続いて白山公園前で降車して古町通を入り少し行ったところにある麴ドリンクのお店へ。

外観が可愛い~。


期間限定だった桃味を飲みました(500円)。ハーブティーさえ苦手なくらいクセの強い飲み物が苦手なので少し心配だったのですがとても飲みやすくて美味しかったです。

白山神社




次のバスの時間まで少しあったので白山神社を覗き見。
ハスの時期だったようで圧巻!

歯の神様ってなんかいいな。白くなりそう。

新潟市水族館


続いて水族館前で降りて新潟市水族館へ。
ただし水族館には入らず(なんでやねん)売店でイルカのぬいぐるみ(海宝さんの概念)を買いました。あとここは外にトイレが付いてるので入場しなくてもトイレに行けます(トイレスポット情報)

ジェラテリアpopolo


ジェラートを食しに移動。こちらのお店は水族館から歩いてすぐのところにあります。
店内は狭いけれどガーデンにたくさん椅子があるので食べるところには困らない印象。
一日乗車券を見せるとダブルの値段でトリプルになる特典があったよ。やったね!

・木苺/ミルク/ブルーベリーヨーグルト

日本海


太平洋沿県で暮らしているせいか、そういえば日本海は見たことないなあと思い見てきました。水族館-ジェラート-海は全て徒歩でササッと移動できる距離です。しかし暑すぎたため二秒くらい見て「よし、見たな!」と思い去った。


***

②に続く(…というのをやってみたかったので満足)